ズボラ父ちゃん安価で「ホームビデオ」を作成する!(iMovieやChromecastは便利)

今回は、日頃「ホームビデオ」をどういうふうに作成しているか、書いてみようと思います。

正直、お金ないし、動画処理って苦手です。

今回は、「今、こんなふうにホームビデオ作成してますよ!」っていう紹介なので、他に「良い方法」や「こうした方が早い」等のご意見等を頂ければ多分即その方法を試すと思います。
tori_time

今回の内容を要約するとこんな感じです。

  • 動画で残す必要性
  • 動画を作る安価な機材「コンデジ」、撮影方法は「短く撮影」、iMovieを使って作成。
  • YouTubeを使って非公開で投稿して、家族と共有しよう。

あと、正直あまりお金をかけられないので、今回は「安価」というのも一つのテーマです。

 

「動画で残す」って思ったよりも大事かも

もともと、デジイチユーザーだったので、「静止画で十分」っと思っている時期もありましたが、最近子供を見ていて、

あー、息子が0歳のとき、どんな感じだったかなー

っていうのをなかなか頭で補完できていない事に気がつきました。
静止画」は”一瞬を切り取る良さ”はあるのですが、「動画」は”動きや空気感を残す“良さがあったりします。
tori_uwasa1

 

さて今回、どんな動画が出来上がるの?

まずは見てください。そんなすごいものはできていません(笑)

「親パカ」ですいません。でも記録用には、コレぐらいで十分かなーっとおもったりします。

まずは、使っている機材について

現在使っている機材をリストアップします。
th_DSC05704

  1. コンパクトデジタルカメラ※中古品(以下コンデジ:動画に強いカメラ)
  2. スマホ・コンデジ用の一脚スタンド
    ※必要があれば長い「ストラップ」
  3. 動画編集用のPC(今回はMacbook Pro)
  4. 閲覧用のデバイス(スマホ・Chomecast等)

機材の詳細について

1.コンパクトデジタルカメラ(中古品:コンデジ)
th_DSC05716

本当はビデオカメラのほうが良いのですが、値段と携帯性を考えてコンデジにしています(あくまで安価で)。
コンデジなので、「ビデオカメラと同等の機能があるとは思わない方が良い」というのが前提です。

そのうえで購入したときの条件としては

  • フルHD対応(できれば、1920×1080/60p)
  • 強力な「手振れ補正」がある(今の時点で、SONYかパナソニックの2択)。
  • 光学ズームはほしい
  • あとは、「音」や「暗いところでの撮影に強い」とか、「色合い」など
    ※個人的には4Kはまだデバイスが対応してないし、そこまで求めていませんでした。

tori_uwasa9

参考までに、私は中古品(約¥10,000-)SONY HX30Vを購入(パナのDMC-TZ40と悩みました)。
どちらも型落ちですが、個人的には何も問題はなかったのでコレで。将来的にはスマホかな?

ヤフオクでも探したのですが、ソフマップ等のネットショップの中古品を買った方が安かったです。

2. スマホ・コンデジ用の一脚スタンド
th_DSC05722

こちらはたまたま、Amazonで特価品を見つけて即購入。
伸縮自在で、自画撮りもできたりするので結構重宝します。

※購入時は商品代金がセールで¥119だった・・・。

3.動画編集用のPC(Macbook Pro等)

th_140911-0005

今回はMacを使って編集します。使うアプリは

  • iMovie
  • *ブラウザ(インターネットができる環境)

4.閲覧用のデバイス(スマホ・Chomecast等)

th_140911-0007
うちでは、以下の端末が主に閲覧する端末です。
※ブルーレイとかDVDとか持ってないです・・・。

動画の撮影方法:10秒〜40秒動画を撮影する

ということで、実践ですが、撮影方法はずっとコレをやっています。
最近じゃ当たり前になりましたね。

  • 【10秒〜40秒】の動画を撮影する。
    ※例外はありますが、【基本は10秒〜40秒】ということです。
  • 一回の撮影でズームを多用しない。必要な場合は自ら近づく
  • 撮影の間で、「風景」や「場所」「イベント」が分かるものを【5〜10-秒】ほど撮影する

tori_uwasa7

 

動画の編集方法について:「iMovie」をつかってみる

さてココからが本題ですね。
正直iMovieもあんまり触った事がないので、基本的な事しかしません。

作成についてはこちらの動画をご覧ください。

※テロップを変えたりとか、色々は一切省いています(笑)。
時間に余裕があって、覚えてきたらまた色々したくなると思いますのでそれはそのときに。

※動画編集:要約すると

  1. イベントの作成
  2. 【読込】からファイルの読み込み
  3. 【作成】からムービーの作成
  4. 読み込んだファイルを全部選択してムービーに流し込む
  5. 【共有】からファイルに書き出す。

直接、YouTubeにしない理由は、アップロードが失敗する可能性があるので一度ファイルに落として、ブラウザからYouTubeにアップロードしています。
(バックアップの意味もあったり、なかったり)

YouTubeにアップロードして、「非公開」:「共有」する。

まずは、前提条件として

  • Googleアカウント必須
    (YouTubeで利用:家族で共有する場合は全員分必要)

1.YouTubeにアップロードする

ログイン後、トップページ上部に「アップロード」ボタンがあります。
そちらをクリックすると、以下の画面になります。ここにファイルをドラッグします。

th_140911-0001

アップロードすると以下のような画面になります。
th_140911-0002

2.非公開にする

アップロード後の写真にもありますが、「公開」の状態を確認します。
他人に見せたくなかったら、「非公開」にしましょう。

th_140911-0003

3.家族にだけ見せたい場合・共有する。

非公開を選択した場合、「共有」という枠が表示されます。
そこでは、共有したい家族の「Googleアカウント」や、「Google+のサークル」を選択することができます。

th_140911-0004

 

これで、共有した家族にのみ動画が閲覧できるようになりました。

スマホ・タブレットで共有、意外と使えるChromecast

YouTubeにアップロードしたので、いつでもスマホやタブレットで閲覧できます。
あと、Chromecast(クロームキャスト)でもYouTubeをHD画質で閲覧できるので、見たいときにテレビで見る事ができます

コレはかなり使えます。

今回のまとめ

嫁も私もスマホで動画は撮るのですが、たまっていく一方でまとめていなかったので、「あ、結局、写真と同じだ・・・」と言うことが起きてしまっていました。今のスマホは優秀なのでたぶん、将来的にはそちらに移行なんだろうなーっと思ったりしています。

ちなみに、このやり方で処理をおこなった場合、家庭でこんなフローができました。

  • 午前中は家族でお出かけする(撮影)。
  • 帰ってきて子供「お昼寝」
    ・編集に5〜20分くらい
    ・YouTubeアップロード〜見れるまで(約1時間〜)
  • 夜、ゆっくりテレビで見る。

今回はあくまで、個人的な例でした。参考になれば幸いですが、他にもこんなふうにしたら・・・とかあればご意見まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です