定期的(1日おきに)にTwitterからつぶやきを取得し、新しい記事を自動で投稿する。(wp_cron):【86日目】WordPress1日1プラグイン


Warning: Use of undefined constant width - assumed 'width' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/en3/paka3.net/public_html/wp-content/plugins/paka3_shortCodePostLinks/paka3_shortCodePostLinks.php on line 63

Warning: Use of undefined constant width - assumed 'width' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/en3/paka3.net/public_html/wp-content/plugins/paka3_shortCodePostLinks/paka3_shortCodePostLinks.php on line 63

Warning: Use of undefined constant width - assumed 'width' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/en3/paka3.net/public_html/wp-content/plugins/paka3_shortCodePostLinks/paka3_shortCodePostLinks.php on line 63

Warning: Use of undefined constant width - assumed 'width' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/en3/paka3.net/public_html/wp-content/plugins/paka3_shortCodePostLinks/paka3_shortCodePostLinks.php on line 63

ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。
86日目、今回は前回までの応用で、Twitterからツイートを定期的に取得してみようと思います。

一日おきにTwitterからつぶやきを取得し、新しい記事を自動で投稿する。

今回は、Twitterのツイートを取得したり、定期的に更新していた今までの応用です。
Twitterからつぶやきを取得して、定期的に新しい記事を投稿するようにしていきます。

ということで、説明は省略します。あと、おまけでカスタム投稿にも対応させています。

更新履歴

・6/30・管理画面とサムネイル表示を追加しました。
管理メニューは「投稿」>「Tweet設定」というところにあります。

最新版のコードについてはgitHubを参照してください。

まずは、こちらの記事を参考にしてね

今回はコードの説明は省略します。

コードについてはgitHubを参照してください。

機能:設定項目について

今回は管理画面を作っていないので、設定は全部ソースコードにかきます。
こちらについては、設定については後述します。

設定できる内容は、

  • 処理の実行時間(00:00:00)
  • Twitterの検索ワード
  • 記事のタイトル
  • 記事の状態(下書き等)
  • 記事のカテゴリ
  • 記事の種類:記事/ページ/カスタム投稿
  • (カスタム投稿)カスタムタクソノミー:カテゴリ
  • 表示モード(普通/画像のみ)
  • 並び順(昇順/降順)
  • 表示最大数
  • 初回時の取得日数

・・・等が設定できます。

※注意事項Twitter APIを使うのTwitterのDevelopsersからアプリケーション登録が事前に必要です。

機能・画面フローについて

時間がくれば、記事が投稿されるので、実行画面はありません。
投稿される記事は、指定した時間(以降)になると、Twitterから検索してきた条件をもとに記事を作成し追加されます。
140618-0005

記事なので、編集をすることも可能です。
140618-0006

表示は、以下のようになります(コード内でCSSを編集すれば変更可能です)。
140618-0007

ソースコードはGitHubからダウンロード。

今回のコードはすべて、gitHub置いてます。
リンク先の画面右下の「Download ZIP」からダウンロードします。
 https://github.com/snoise/paka3_task_tweet

ファイルの説明として

ダウンロードしたファイルを解凍すると、以下のようなファイル構成になってます。
140618-0002

  • paka3_post_lib.php:記事の新規作成関連のクラスコード
  • paka3_task_tweet_view.php:出力についてのクラスコード
  • paka3_task_tweet.php:本体
  • twitteroauthフォルダ
    OAuth認証は今回も、こちらの別ライブラリをそのまま読み込んで使います。
    https://github.com/abraham/twitteroauth

今回はクラスをざっと分けてみました。
もう少し効率の良い分け方がありそうですが、それは次期バージョンで。

「paka3_task_tweet」フォルダに入れ「plugins」フォルダへ

解凍したファイルを「paka3_task_tweet」フォルダにいれ、
[wp-content]フォルダ>[plugins]フォルダのなかへコピーします。

あとは、WordPressの管理画面のプラグインから有効化すれば良いですが・・・

設定が必要なので、有効かはその後で。
140618-0004

設定はファイルに記入してください

今回はコード内部に設定を書いているので、直接ファイルに設定を書いていきます。
(管理画面は次期バージョン?)

設定はファイル「paka3_task_tweet.php」をエディタ等で開いておこないます。

事前にTwitterのアプリケーション登録

注意事項Twitter APIを使うのTwitterのDevelopsersからアプリケーション登録が事前に必要です。
詳しくはこちらを参照して、コード内にAPIキー等を入力してください。

private $apiKey = '' ;
private $apiSecret = '' ;
private $accessToken = '' ;
private $accessTokenSecret = '' ;

検索・表示項目を設定する

何個か例を書いておきますので、参考にしてみてくださいね。

※記事一覧に投稿してTwitterのように表示する場合

検索キーワードは Twitterの検索方法に準拠しています。
filterも使えますので試してみると良いです。

//[設定]ツイートの検索設定
private $word = '#usuki OR 臼杵 -RT' ;
<pre>//検索ヒント:検索の最後に書くと幸せになれるかも
//-RT RTをのぞく場合
//filter:images 画像ツイートを抽出、
//filter:news ニュース引用ツイートを抽出、
//filter:replies 返信ツイートを抽出、
//filter:videos 動画ツイートを抽出。

//[設定]実行スケジュール
private $t = "09:35:00" ;

//[設定]タイトルと状態
private $post_title = 'きょうのつぶやき'; //タイトル
private $post_status = 'draft'; //下書き

//[設定]カテゴリID
private $catID = array(28) ;
//カスタムタクソノミーのとき(ないときはコメントアウトしてよい)
//private $post_type = ""; //デフォルト:post/page/カスタムタクソノミー
//private $tax_cat = ""; //カスタムタクソノミー(カテゴリ)
//private $tax_ids = array(); //日付の基準は[0]
//ここまで

//[設定]一度に追加できる記事数(現在の日時よりさかのぼる日数)
private $tweet_day_limit = 5; //

//[設定]表示設定
private $imgMode = 0 ; //:0普通/1画像一覧表示
private $sort    = "asc" ; //並び順
private $lang = "ja" ;

//[設定]表示数
private $tweet_count     = 100; //ツイートの最大表示数(あくまでも表示)
//※すべてが表示されない場合にはこちらを増やすと良い
private $tweet_api_limit = 4; //titter apiのアクセスリミット:100ツイート(RTも含む)/1回、通常180回/15分

※カスタム投稿に取得した画像一覧を定期投稿する場合

検索キーワードは Twitterの検索方法に準拠しています。
filterも使えますので試してみると良いです。

//[設定]ツイートの検索設定
private $word = '#usuki OR 臼杵 filter:images -RT' ;</pre>
<pre>//検索ヒント:検索の最後に書くと幸せになれるかも
//-RT RTをのぞく場合
//filter:images 画像ツイートを抽出、
//filter:news ニュース引用ツイートを抽出、
//filter:replies 返信ツイートを抽出、
//filter:videos 動画ツイートを抽出。

//[設定]実行スケジュール
private $t = "00:35:00" ;

//[設定]タイトルと状態
private $post_title = 'きょうのつぶやき'; //タイトル
private $post_status = 'draft'; //下書き

//[設定]カテゴリID
//private $catID = array() ;
//カスタムタクソノミーのとき(ないときはコメントアウトしてよい)
private $post_type = "lives"; //デフォルト:post/page/カスタムタクソノミー
private $tax_cat = "lives-cat"; //カスタムタクソノミー(カテゴリ)
private $tax_ids = array(29); //日付の基準は[0]
//ここまで

//[設定]一度に追加できる記事数(現在の日時よりさかのぼる日数)
private $tweet_day_limit = 5; //

//[設定]表示設定
private $imgMode = 0 ; //:0普通/1画像一覧表示
private $sort    = "asc" ; //並び順
private $lang = "ja" ;

//[設定]表示数
private $tweet_count     = 100; //ツイートの最大表示数(あくまでも表示)
//※すべてが表示されない場合にはこちらを増やすと良い
private $tweet_api_limit = 4; //titter apiのアクセスリミット:100ツイート(RTも含む)/1回、通常180回/15分

※説明が不足しますが、コードをあたればまだまだ色々できると思います。

CSSの編集する場合について。

スタイルシートは、ファイル「paka3_task_tweet_view.php」をエディタで開いて編集を行ってください。
※ファイルの下の方です。

	function post_css() {
			echo <<< EOS
				<style  type="text/css">

					ul.paka3Tweet,
					ul.twt,
					ul.twt li{
						margin:0 !important;
						padding:0 !important;
					}
					ul.paka3Tweet li{
						list-style-type : none;
						border:1px solid;
						padding:5pt !important;
						border-color:#EEEEEE #DDDDDD #BBBBBB;
						border-radius:5px;
						box-shadow:rgba(0, 0, 0, 0.14902) 0 1px 3px;
					}
						ul.paka3Tweet ul.twt li{
							border:0;box-shadow:none!important;
						}
					ul.paka3Tweet li img.img{
						border-radius:5px;
						margin-bottom:5pt;
					}
					ul.paka3Tweet ul.twt li.profile{
						margin-bottom:15pt !important;
					}
						ul.paka3Tweet ul.twt li.profile img{
							display:block;
							border-radius:5px;
							margin-right:10pt;
							float:left;
						}
					ul.paka3Tweet ul.twt li.profile b,
					ul.paka3Tweet a.date{
						color:#999;display:block;
						font-size:10pt;
					}
						ul.paka3Tweet a.date{
							margin:10pt 0;
						}
					ul.paka3Tweet ul.twt li.tweet{
						clear:left;
						line-height:180%;
					}

					 ul.paka3Tweet strong.cl{
					 	font-size:6pt;color:#999;
					 	font-weight:200;display:block;
					 }
					 ul.paka3Tweet a.imglink{
					 		display:block;
					 }
				</style>
EOS;
		}

今回のまとめ

Twitterから取得する場合、記事数だったり色々と悩ましい部分があったのですが、意外とTwitter標準の検索機能が優秀なことに今回気がつきました。このTwitterの検索機能とコードを組み合わせると、自動更新のページが簡単に作れそうな感じです。もう少し手軽に使えるように頑張ります。

wordpress1日1プラグイン
※こんな記事もオススメです。
関連タグ:twitter API,wp_cron

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です