WordPress

記事に画像を入れる【WordPressプラグインの作り方】

更新日:

ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

2日目です。今日は前回1日目の「記事に文字列を入れる」の応用です。

今回の最初のテーマは

すべての記事の本文に「画像」を入れてみる。

です。

前回の「文字列」が「画像」に変わっただけです。

まずは「プラグイン」がどういうものか理解し、
実際に、コピペでも良いので、説明に従って作ってみましょう。

スポンサーリンク

 

すべての記事本文に「画像」を入れてみる。

まずは

記事本文の末尾

<img src='****.png' alt='1日1プラグイン' >」のimgタグ

入れます。

今回のサンプル画像はこれです。
wpicon1

そして、今回、作成するプラグインの実際イメージはこのようになります。

【WordPressプラグインの作り方】すべての記事本文に「画像」を入れてみる。

まずは、functions.phpに書いてみます。

では、functions.phpに以下のコードを書きました。

function paka3_AddImage($contentData) {
$str = $contentData."&amp;amp;amp;lt;img alt="1日1プラグイン" src="http://www.paka3.net/wp-content/uploads/2014/01/wpicon1.png" &amp;amp;amp;gt;";
return $str;
}
add_filter('the_content','paka3_AddImage');

 

imgタグで、画像を追加しました。

ポイント!

functions.phpにコードを直接書くことで、プラグインと同等の動きを確認することができます。

 

ポイントはどこ?

ポイントは前回と変わっていないのです。

本文に追加するときは「the_content」をフィルターフックすると覚えておきましょう。

  • 引数「$contentData」は記事本文です。
  • add_filter:指定したフィルターフックに、関数をフックします
    add_filter('フックするフィルター名','呼び出す関数名')
  • the_content:フィルター名

 

スポンサーリンク

 

コードをプラグイン用のファイルにします

それではfunctions.phpに書いたコードを消して、
paka3_AddImage.php」というファイルを作成し、以下のコードを記入します。

このファイルをWordPressのディレクトリ

[wp-content]>「plugins」

の直下にFTPやSCPなどを使って入れます。

WordPressの管理画面を開いて、左メニュー「プラグイン」をクリックします。

プラグイン「paka3 AddImage」を有効にして完了です。

※一覧に、プラグイン名が表示されない場合は、コードが間違っている可能性があります。

 

【記事に画像を入れる】まだまだプラグインになれるための練習。

前回の「記事に文字列を入れる」と同様の、「imgタグ」を末尾に入れるコードでした。

前回と同じく、「すべての記事に画像を入れる」のはあまり実用性はありません。
ただ、プラグインを作成する上で、

はじめてプラグインを作成する
プラグイン作成のコツがつかむ

意味でわかりやすかったのではとおもいます。

すべての記事の先頭や末尾に追加するのは、PHPを理解していればムズカシイことではないですが、

PHPは「.」で文字列をつないでいく

というのも一つのポイントかもしれませんね。
よく使うので、忘れないようにしておきましょう。

それでは、次は三日目にチャレンジです。

記事に「最新の記事」のリンクを3件入れる:【3日目】WordPress1日1プラグイン

-WordPress
-, ,

Copyright© アルパカ@ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.