WordPress

ショートコードを使って、カスタムフィールドの値を記事内に挿入させる(応用編):【55日目】WordPress1日1プラグイン

投稿日:

ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。
55日目です。今回は前回の応用で、実際に画周り等を作成しました。
※ショートコードについての説明はこちらの記事をまず見てくださいね。

ショートコードを使って、カスタムフィールドの値を記事内に挿入する(カスタムフィールド内のショートコードも許可する)。

前回と同じくショートコードを使って、カスタムフィールドの指定した「名前」の値を挿入します。また、その際にカスタムフィールド内のショートコードの許可を操作できるようにします。

ただし今回は、カスタムフィールド枠の追加、ショートコードの簡素化(初期設定)、アンインストール処理の実装等々、盛り込んでクラス化してみました。

今回作成する機能を箇条書きをします。

  • カスタムフィールドの値を、ショートコードで記事に表示
  • 専用のカスタムフィールド枠を追加する
  • カスタムフィールドの名前は「name」属性に設定
    nameは専用のカスタムフィールド枠を初期値として設定)
  • カスタムフィールドの値は基本「現在の記事」に付随するもの
    他の記事から引用するとき「id」属性を設定)
  • ショートコードを許可する場合は「ss」属性を設定(1or 0)
    (値を設定しない場合は許可しない:値「0」)
  • アンインストール時にカスタムフィールドの値を削除
  • クラス化

あらためて、今回の機能

専用のカスタムフィールド枠を追加します。
140313-0009

ショートコードは「cfviewCode」とします。
前回同様属性はカスタムフィールドの名前(name)と、記事の指定(id)、ショートコードの許可(ss)を設定できますが、今回は初期設定を決めておいてシンプルに入力
140313-0011
※「php」というショートコードはコードを整形する別のプラグインなので今回関係ありません。
プラグイン「SyntaxHighlighter」、

表示画面では、カスタムフィールドに入力した内容が出力されています。140313-0013

今回は応用なので、プラグインファイルを参照してください。

今回は過去の応用になりますので、説明は省略します。
以下のリンクを参考にしてください。

コードをプラグイン用のファイルにします

それではfunction.phpに書いたコードを消して、 「paka3_shortCodeNewCustomField.php」というファイルを作成し、以下のコードを記入します。

このファイルを[wp-content]>「plugins」ディレクトリに入れ、管理画面で有効にして完了です。

今回のまとめ

今回は、カスタムフィールドの値をショートコードにして、記事内に挿入する機能の応用編でした。今回は「コードの挿入」を例にしましたが、もちろん文章でもかまいません。自分が使いやすいようにカスタマイズしただけなので、作り方の参考にどうぞ。

-WordPress
-, , , ,

Copyright© アルパカ@ラボ:大分県臼杵市でホームページ運営やWordPressやってます。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.