git・github

GitHubについてもう少し知ってみる。その2(下準備)

更新日:

ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

さてさて、前回「GitHubについてもう少し知ってみる」ことで
何ができるか記載し、最終的な目標「GitHubでソースコードを公開してみるを目指して話を進めていたのですが…。

「下準備が必要」

ということにぶつかりましたので、今回する「下準備」をおこなっていきます。

※追記「GitHub for mac」を使う場合は、下準備:「公開鍵」と「秘密鍵」は必要ありませんアカウントIDとパスワードだけで良いみたいです。(→GitHub for macでやってみよう

GitHubを扱う上での下準備

下準備についてまず簡単に書きます。

  1. gitHubにアカウント登録
  2. 公開鍵と秘密鍵の生成してみる
    簡単に言うと、pushなど通信をする際必要になります。
  3. GitHubに公開鍵を登録する

とりあえずここまでしてみます。

1.GitHubにアカウントを登録してみる

こちらの説明は省略します。前回も書きましたがソースコードを公開するにはアカウント登録が必要になります
GitHubのページから登録をおこなってください

2.「公開鍵」と「秘密鍵」を生成する。

簡単に言うと、pushなど通信をする際必要になります。
※説明:GitHubとの通信はSSHで行われます。その際、認証はRSA 公開鍵暗号方式で行われるため「公開鍵」と「秘密鍵」というものが必要になります。

まず、Macの場合は「ターミナル」を開いて、公開鍵と秘密鍵を生成します。
※Winの場合はプロンプトですがwinPCによる確認はしていません。

鍵を生成するには以下のコマンドを打ち込んでください。

$ ssh-keygen

Enterキーを押すと、以下のように表示されます。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/あなたのディレクトリ/.ssh/id_rsa):

※公開鍵と秘密鍵のペアを生成します。
※Enterキーを押すと、(/Users/あなたのディレクトリ/.ssh/id_rsa)に鍵を作ります。

とかかれているので、そのまま「Enter」キーを押しちゃいましょう。

あとはパスワードの入力を求められるので適当決めてに

Enter passphrase (empty for no passphrase):パスワードを入力
Enter same passphrase again:再度同じパスワードを入力

以上で、「公開鍵」と「秘密鍵」の生成が完了しました。
※パスワードはもちろん覚えておいてね。

Your identification has been saved in /Users/あなたのディレクトリ/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /Users/あなたのディレクトリ/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
5b:fc:98:53:9f:6f:ff:b6:7e:d8:f6:a5:ff:9e:ba:91 ******@******
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|                 |
|                 |
|                 |
|         .       |
|        S o .    |
|         o = ... |
|        . + .Eoo.|
|            . ooO|
|             o=X/|
+-----------------+

確認:「/Users/あなたのディレクトリ/.ssh/」ディレクトリ以下に
秘密鍵と公開鍵のペアが生成されています。

  • 秘密鍵 : id_rsa
  • 公開鍵 : id_rsa.pub

3.GitHubに公開鍵を登録する

公開鍵:id_rsa.pub」の内容をエディタ等で確認します。

vi /Users/あなたのディレクトリ/.ssh/id_rsa.pub

たくさんの英数字の羅列が表示されますので
それらの内容をすべてコピーしてから

130729-0001

GitHubのページにログインし、Account SettingSSH Keysのページを開き、
Add SSH Key」をクリックします。
130729-0003
Key」の所に先ほどコピーした公開鍵の内容をペーストします。
※タイトルは適当に。
sshkey
Add keyをクリックして設定は完了です。

下準備完了、そしてこれから・・・。

gitHubとのやり取りを行う下準備は完了しました。
これから実際にリポジトリを作成して、push等を行っていこうと思います。

実際にローカルでリポジトリを作成したりするにはgitを使って行おうと思いますが
実際方法が何種類かあります。

  1. gitをインストールしてコマンドラインで処理を行う
  2. gitのクライアントアプリを使って処理を行う
    GitHub for Mac」などのアプリを使う。コマンドラインの必要なし?

実は開発環境用macでは普通にgitを使っているのでどうしようかな?
と思ったのですが、まずは簡単な方をブログに書いてみたいので

次回は、

GitHub for Macでソースコードの公開までやってみよう

ということに決めました。
1のコマンドラインはローカルでちょいちょい試してみます。

-git・github
-, ,

Copyright© アルパカ@ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.